専用SSL設置後、サイトにアクセスすると証明書の警告がでます

SSL証明書の仕組み上、取得したSSL証明書のコモンネーム以外のURLでアクセスすると、証明書の警告が表示されます。
専用SSL設置後は、取得した証明書のコモンネームに合わせてURLを指定するようにしてください。

例)SSL証明書のコモンネームを「www.gigaan.jp」にて取得した場合

◆正しいURL
 https://www.gigaan.jp/

◆警告がでるURL
 https://gigaan.jp/ (www.なしでアクセスした場合)
 
 https://gs***.ggsv.jp/w******/ (共用SSLのURLでアクセスした場合)


尚、一度取得が完了したSSL証明書はキャンセルできませんので、ご注意ください。
※取得完了後のSSL証明書のコモンネームの変更はできません。