当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

OpenXのインストール

1.

「http://www.openx.org/」にアクセスします。

2.

「Products」タブをクリックします。

ox1

3.

「Download OpenX」をクリックします。

ox2

4.

解凍したファイルを、サーバーにアップロードします。

5.

テキストエディタで.htaccessファイルを作成し、本体ファイルをアップロードした箇所と同じフォルダに配置します。
「.htaccess」ファイル内には以下のような記述を行います。

php_value memory_limit 128M
php_flag register_argc_argv ON

6.

「Continue」をクリック

ox4

7.

内容を確認の上「I Agree」をクリックします。

ox5

8.

指定されたフォルダ以下の全てのフォルダ・ファイルのパーミッションを「777」に変更します。

ox6

※/httpdocs/ad/varと指示されている場合、/varディレクトリ内の全てのファイル・フォルダのパーミッションを変更する必要があります。

9.

データベース名、データベースユーザ名、データベースパスワードを入力します。ソケットは空欄のまま、元から入っているものは変更の必要はありません。

ox7

入力後「continue」を押します。

10.

管理者の情報を入力後、「continue」を押します。

ox9

11.

インストールが完了したら「continue」を押します。

ox10

12.

完了画面が出ます。

ox11

13.

インストール完了です。

ox12

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec