当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

カスタムCGIの利用方法

メールフォームや掲示板など動的なWebサイトを作りたい場合にはCGIの利用が便利です。ギガーンのサーバでもCGIの利用が可能です。ここではCGIを利用する際の基本的な考え方について記載しておきます。

1.Perl使用時の1行目(パス)

Perlで記述されたCGIを動作させたい場合1行目は以下に設定してください。

#!/usr/bin/perl

2.利用可能なディレクトリ

CGIが利用可能なディレクトリは「/httpdocs」と「/cgi-bin」です。「/httpdocs」ディレクトリはcgiファイル以外にも様々なファイルを配置することが出来ますが、「/cgi-bin」ディレクトリはcgiファイル以外は配置できませんのでお気を付け下さいませ。CGIプログラムは必ず拡張子を「.cgi」もしくは「.pl」にする必要があります。

【注意点】

  1. SSL経由でのCGIに関しては「/httpdocs」配下でのみ動作します。SSLを使用する場合は「/httpdocs」配下にCGIを設置してください。 また顧客データなどをデータベースではなくテキストファイルで保存する場合には、セキュリティー上の観点からデータのみ「/private」フォルダを使用してください。
  2. サブディレクトリの場合は「/httpdocs」ディレクトリにcgiファイルを配置できません。配置する場合は「/httpdocs」ディレクトリに「.htaccess」ファイルを配置してください。

「.htaccess」ファイル内記述
-------------------------------
AddHandler cgi-script .cgi
-------------------------------

ディレクトリ 拡張子 URL
/httpdocs 「.cgi」「.pl」 http://ドメイン名/ファイル名
/cgi-bin 「.cgi」「.pl」 http://ドメイン名/cgi-bin/ファイル名

ファイルのアップロードは「/httpdocs」もしくは「/cgi-bin」に行ってください。

3.パーミッション

弊社サーバではsuEXECという仕組みを使ってCGIを動作させています。この仕組みを使うことでセキュリティーが高い状態で安全にCGIを動作させることが可能です。suEXEC環境でCGIを動かすには以下の制限があります。CGIプログラムにパーミッションを設定する際には注意してください。

「CGIプログラムに対して所有者以外に書込権限を付与してはいけない」

なおプレミアギガーンではCGIプログラムに対して以下のパーミッションを推奨しています。

CGIプログラム 755
ディレクトリ 755
記録用ファイル 600

記録用ファイルとはカウンタプログラムなどで、現在のアクセス数を記録するためのファイルです。これらのファイルに関しても、所有者以外には書込権限を設定しないようにしましょう。

4.各種プログラムのパス

CGIから使用するsendmailなど各種プログラムのパスは以下のようになっています。

sendmail /usr/sbin/sendmail
nkf /usr/bin/nkf

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec