当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

Outlook2010の設定

1. Outlook2010を起動します

2. 「ファイル」メニューの「情報」を選択します

Outlook2010の設定

3. 「アカウント設定」の「アカウント設定(A)」をクリックします

「アカウント設定」の「アカウント設定(A)」をクリック

4.「新規(N)」をクリックします

「新規(N)」をクリック

5. 「自分で電子メールやその他のサービスを使う為の設定をする(手動設定)(M)」を選択し「次へ」をクリックします

「自分で電子メールやその他のサービスを使う為の設定をする(手動設定)(M)」を選択し「次へ」をクリック

6.「インターネット電子メール(I)」を選択し「次へ」をクリックします

「インターネット電子メール(I)」を選択し「次へ」をクリック

7.各項目を入力し「詳細設定(M)」をクリックします

各項目を入力し「詳細設定(M)」をクリック
名前 任意の名前を入力
電子メールアドレス 設定するメールアドレスを入
アカウントの種類 [POP3
受信メールサーバー mail.ドメイン名
送信メールサーバー mail.ドメイン名
アカウント名 メールアドレスの@より左側
パスワード メールアドレス作成時にご自身で設定したパスワードを入力

8. 詳細設定を行います

お客様の環境によって、「認証設定」と「送信ポート番号」の組み合わせが異なります。
以下の「6通り」の組み合わせがありますので、どの組み合わせにて送信が可能かお試し頂き、有効な組み合わせにて設定してください。

ポート番号 認証方法
25 認証なし
SMTP認証
POPbeforeSMTP認証
587 認証なし
SMTP認証
POPbeforeSMTP認証

(1)認証設定

「送信サーバー」タブをクリックします

「送信サーバー」タブをクリック
認証なし 「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」のチェックを入れない
SMTP認証 [1]「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」のチェックを入れる
[2]「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択
POPbeforeSMTP認証 [1]「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」のチェックを入れる
[2]「メールを送信する前に受信メールサーバーにログオンする」を選択

(2)送信ポート番号

「詳細設定」タブをクリックします。

送信ポート番号

「送信サーバー(SMTP)」の番号は初期設定では「25」になっています。
環境に合わせて「25」または「587」でご設定ください。

※ご利用中のプロバイダによってポート番号が異なります。

(3)「OK」をクリックします

9.「テストアカウント設定」を行います

インターネット電子メール設定画面で「次へ」をクリックすると、自動的にテストが行われます。
完了したら「閉じる」をクリックします。

完了したら「閉じる」をクリック

※アカウント設定のテストは省略しても問題ありません。
省略する場合は、手順7.にて「[次へ]ボタンをクリックしたら、アカウント設定をテストする(S)」のチェックを外してください。

「完了」をクリックします

「完了」をクリック

以上で設定は完了です。

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec