当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

ポート番号の変更(OP25B対策)

昨今、各インターネットプロバイダー会社様にて、OP25B (Outbound Port25 Blocking) という迷惑メール対策として、送信ポート番号の変更作業が行われております。
その影響で、メールソフトのアカウント設定にて送信ポート番号が「25」になっている場合、急にメールが送信できなくなることがあります。

送信ポート番号を【サブミッションポート「587」】に変更することで、送信が可能になりますので、メールソフトにて設定の変更を行ってください。
また併せて送信時の認証設定を有効にして頂くようお願い致します。

※ OP25Bの実施日程や詳細につきましては、ご契約のインターネットプロバイダー会社様にご確認ください。

【参考】インターネットプロバイダーによるOP25B 実施状況
http://www.dekyo.or.jp/soudan/taisaku/i2.html#isplist
※ 財団法人日本データ通信協会 迷惑メール相談センター様のサイトとなります。

各種メールソフトの送信ポート番号の変更方法と認証設定の方法をご案内致します。

1.Outlook2007の設定

(1)「ツール」⇒「アカウント設定」を選択

「ツール」⇒「アカウント設定」を選択

(2)該当のアカウントをダブルクリック、もしくは「変更」をクリック

該当のアカウントをダブルクリック、もしくは「変更」をクリック

(3)「詳細設定」をクリック

「詳細設定」をクリック

「インターネット電子メール設定」の画面が立ち上がります

(4)上部タブの「送信サーバー」タブをクリック

(1)「送信メールサーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れます。
(2)「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択してください。

送信サーバーの設定画面

※接続環境によっては「メールを受信する前に受信メールサーバーにログオンする」をご選択いただく場合がございます。

(5)上部タブの「詳細設定」をクリック

サーバーのポート番号にて、送信サーバ(SMTP)のポート番号を「25」から「587」に変更します。

上部タブの「送信サーバー」タブをクリック

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

2.Outlook2003の場合

(1)「ツール」⇒「電子メールアカウント」を選択

「ツール」⇒「電子メールアカウント」を選択

(2)「既存の電子メールアカウントの表示と変更」にチェックを入れ「次へ」をクリック

「既存の電子メールアカウントの表示と変更」にチェックを入れ「次へ」をクリック

(3)該当のアカウントを選択し「変更」をクリック

該当のアカウントを選択し「変更」をクリック

(4)「詳細設定」をクリック

「詳細設定」をクリック

(5)上部タブの「送信サーバー」タブをクリック

 ・1 「送信メールサーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れます。
・2 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択してください。

※接続環境によっては「メールを受信する前に受信メールサーバーにログオンする」をご選択いただく場合がございます。

上部タブの「送信サーバー」タブをクリック

(6)上部タブの「詳細設定」をクリック

サーバーのポート番号にて、送信サーバ(SMTP)のポート番号を「25」から「587」に変更します。

「詳細設定」をクリック

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

3.Outlookexpressの場合

(1)「ツール」⇒「アカウント」を選択

「ツール」⇒「アカウント」を選択

(2)対象のアカウントを選択し「プロパティ」をクリック

対象のアカウントを選択し「プロパティ」をクリック

(3)上部タブの「サーバー」をクリック

「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

上部タブの「サーバー」をクリック

(4)上部タブの「「詳細設定」をクリック

サーバーのポート番号にて、送信メール(SMTP)のポート番号を「25」から「587」に変更します。

上部タブの「「詳細設定」をクリック

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

4.Windowsメールの設定

(1)「ツール」⇒「アカウント」を選択

「ツール」⇒「アカウント」を選択

(2)「メール」項目内の対象アカウントを選択し「プロパティ」をクリック

「メール」項目内の対象アカウントを選択し「プロパティ」をクリック

(3)上部タブの「サーバー」をクリック

「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

上部タブの「サーバー」をクリック

(4)上部タブの「「詳細設定」をクリック

サーバーのポート番号にて、送信メール(SMTP)のポート番号を「25」から「587」に変更します。

上部タブの「「詳細設定」をクリック

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

5.Thunderbirdの場合

(1)「ツール」⇒「アカウント」を選択

「ツール」⇒「アカウント」を選択

(2)「送信(SMTP)サーバ」をクリックし、対象サーバを選択して「編集」をクリック

「送信(SMTP)サーバ」をクリックし、対象サーバを選択して「編集」をクリック

(3)設定にあるポート番号を「25」から「587」に変更します

「送信(SMTP)サーバ」をクリックし、対象サーバを選択して「編集」をクリック

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

6.Mac OS X Leopardメールの設定

(1)「Mail」⇒「環境設定」を選択

「Mail」⇒「環境設定」を選択

(2)対象のアカウントを選択した上で右下の「送信用メールサーバ(SMTP)のプルダウンで「サーバーリストを編集」を選択

対象のアカウントを選択した上で「サーバーリストを編集」を選択

(3)登録されているサーバーの一覧より該当のアカウントを選択した上で「詳細」をクリック。

該当のアカウントを選択した上で「詳細」をクリック

(4)「サーバのポート」を「25」から「587」に変更します。

認証は「なし」を選択してください。

「サーバのポート」を「25」から「587」に変更します

変更後は「OK」をクリック⇒「次へ」⇒「完了」

上記変更が完了致しましたら、送信できるかお試しください。

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec