当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

Thunderbirdバージョン3の設定

Thunderbirdは無料かつ非常に便利なメーラーです。
以下のWebサイトから無料でダウンロード可能です。

http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/

メールアカウントの設定

(1)メールソフトを起動させる
(2)「ツール」⇒「アカウント設定」

Thunderbird3の設定方法

(3)カウント設定画面を表示
(4)「アカウント操作」⇒「メールアカウントを追加」をクリック

Thunderbird3の設定方法

(5)必要情報を入力し「続行」をクリック

Thunderbird3の設定方法
あなたの名前 任意の名前を入力
メールアドレス 設定をするメールアドレスを入力
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード
パスワードを記憶する チェックを入れる

(6)アカウントの設定を検索し、完了後「編集」をする

Thunderbird3の設定方法

(7)各項目を編集し、「設定を再テスト」をクリック

Thunderbird3の設定方法
ユーザー名 メールアドレスの「@」左側部分
受信サーバー サーバー名 サービス開始のご案内に記載しているサーバーを入力
認証方法 「POP」を選択
ポート番号 110に変更
接続の保護 「接続の保護なし」へ変更
送信サーバー サーバー名 サービス開始のご案内に記載しているサーバーを入力
認証方法 SMTP(変更できないのでそのまま)
ポート番号 「25」もしくは「587」
接続の保護 「接続の保護なし」へ変更

(8)アカウント作成をクリック

Thunderbird3の設定方法

(9)警告表示の内容を確認し、アカウント作成
※SSLを使用しない設定にする為に「警告」と表示されますが、
セキュリティに問題は御座いませんのでご安心くださいませ。

Thunderbird3の設定方法

(10)完了

詳細設定

お客様の環境によって、送信ポート番号と認証設定の組み合わせが異なります。
以下の組み合わせがありますので、どの組み合わせにて送信が可能かお試し頂き、
有効な組み合わせにて設定してください。

ポート番号 認証方法
25 SMTP認証
POPbeforeSMTP認証
587 SMTP認証
POPbeforeSMTP認証

(1)「ツール」⇒「アカウント設定」⇒「送信(SMTP)サーバー」
(2)一覧から該当のサーバーを選んで「編集」をクリック

Thunderbird3の設定方法

(3)各項目を変更する

Thunderbird3の設定方法

■ポート番号
初期設定の段階で入力されているポート番号で送信が出来なかった場合変更します。
「25」もしくは「587」を設定します。
※ご利用中のプロバイダによってポート番号が異なります。

■セキュリティと認証

SMTP認証 [1]「ユーザー名とパスワードを使用する」にチェック
[2]ユーザー名にメールアドレスの「@」左側を入力
POPbeforeSMTP認証 「ユーザー名とパスワードを使用する」のチェックを入れない

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec