当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

Netcommonsのインストール

インストール作業を行う前に、MySQL上に新規データベースを作成してください。
また、インストール中に下記の情報が必要となりますのでご確認ください。

  • 作成したデータベース名
  • MySQLのユーザー名
  • 上記ユーザーのパスワード
  • ご利用頂いているサーバーのホスト名

データベースの作成方法につきましては、下記URLをご参照ください。

1.公式サイトより本体ファイルをダウンロードします。

Netcommons公式サイト)

2.ダウンロードしたフォルダを解凍します。

3.解凍したフォルダ内にある「html」フォルダを展開し、表示させたいディレクトリにアップロードします。

#ここでは「ドメイン名/netcommons/」というURLで表示させたい為、サーバー上の「htppdocs」ディレクトリの下に「/netcommons」ディレクトリというディレクトリを作成し、そこに「html」フォルダの中身を全てアップロードしました。

フォルダの中身を全てアップロード

4.パーミッションを変更します。

「htpcos」「webapp/uploads」「webapp/templates_c」フォルダ及び「webapp/config/install.inc.php」ファイルのパーミッションを【777】にします。

5.「.htaccess」ファイルを配置します。

テキストエディタに以下のように記載し、「.htaccess」ファイルとしてNetCommonsをインストールしたフォルダ内に配置します。
#ここでは「httpdocs/netcommons」ディレクトリ内にアップロードしています。

◆記載内容
php_value session.save_path /home/httpd/vhosts/ドメイン名/httpdocs/配置フォルダ名/tmp/

6.アップロードしたディレクトリにブラウザからアクセスします。

アクセスするとインストールガイドが表示されます。

7.インストール言語は「japanese」を選択し、「次へ」をクリックします。

インストール言語は「japanese」

8.イントロダクションを確認し、「次へ」をクリックします。

イントロダクションを確認

9.必要情報を記入します。

サイト名称と、事前に作成したデータベース情報を記入し、最後に「次へ」をクリックします。

必要情報を記入

10.問題が無ければ再度「次へ」をクリックします。

「次へ」

11.アクセス権のチェック後、問題が無ければ「次へ」をクリックします。

アクセス権のチェック

12.パスのチェックに問題が無ければ「次へ」をクリックします。

パスのチェック

13.データベースのチェックに問題が無ければ、「次へ」をクリックします。

データベースのチェック

14.「次へ」をクリックします。

設定の保存画面でPHPのWarningが出ますが、共用サーバーでは正常な動作ですので、Warningは無視してください。

設定の保存画面

15.データベースにテーブルが自動で作成されますので、「次へ」をクリックします。

データベース

16.サイト管理者のハンドルとログイン用を設定して、「次へ」をクリックします。

サイト管理者のハンドルとログイン用を設定

17.データが生成されますので、問題が無ければ「次へ」をクリックします。

データが生成

18.モジュールのインストールが完了したら「次へ」をクリックします。

モジュールのインストール

19.インストール完了画面が出ます。

以下の画面が出たら「webapp/config/install.inc.php」ファイルのパーミッションを「644」に戻します。

インストール完了画面

20.以上でインストール完了です。

Netcommonsインストール完了

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec