当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

concrete5のインストール

インストール作業を行う前に、MySQL上に新規データベースを作成してください。
また、インストール中に下記の情報が必要となりますのでご確認ください。

  • 作成したデータベース名
  • MySQLのユーザー名
  • 上記ユーザーのパスワード
  • ご利用頂いているサーバーのホスト名

データベースの作成方法につきましては、下記URLをご参照ください。

1.公式サイトより本体ファイルをダウンロードします。

concrete5公式サイト

2.ダウンロードしたフォルダを解凍します。

3.解凍したフォルダを展開し、表示させたいディレクトリにアップロードします。

#ここでは「ドメイン名/concrete/」というURLで表示させたい為、サーバー上の「htppdocs」ディレクトリの下に「/concrete」ディレクトリというディレクトリを作成し、そこにフォルダの中身を全てアップロードしました。

ディレクトリにアップロード

4.パーミッションを変更します。

「config」「files」「packages」「themes」「updates」フォルダのパーミッションを【777】に、「sitemap.xml」ファイルのパーミッションを「666」に設定します。

5.「.htaccess」ファイルを配置します。

テキストエディタに以下のように記載し、「.htaccess」ファイルとしてconcreteをインストールしたフォルダ内に配置します。
#ここでは「httpdocs/concrete」ディレクトリ内にアップロードしています。

php_value default_charset UTF-8
php_value mbstring.language neutral
php_value mbstring.internal_encoding UTF-8

6.ブラウザからアクセスしてインストールを行います。

アップロードしたディレクトリにブラウザからアクセスすると、インストールガイドが表示されますので、必要情報を入力し、最後に「concrete5をインストール」ボタンを押します。

※MySQLデータベース情報のサーバーアドレスは「localhost」と入力します。

MySQLデータベース情報

7.アカウント情報を確認の上「サイトを開く」をクリックします。

インストール完了画面が表示されますので、アカウント情報を記録したら、「サイトを開く」をクリックします。

インストール完了画面

8.管理画面に移動します。

管理画面

以上でインストールは完了です。

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec