当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

Magic3のインストール方法

アプリケーションのインストールの前に必ずご利用のサーバー環境をご確認ください。

Magic3とは日本発の汎用CMSです。

※インストール環境:cs064、ps128~環境(PHP5+Safemode)
事前に、Movable Type用に、データベースの作成、データベースユーザーの作成を済ませておく必要があります。データベースの作成方法につきましては、下記URLをご参照ください。

データベースを作成する

1.本体ファイルをダウンロード

まずは本体ファイルを以下のURLより入手します。

http://sourceforge.jp/projects/magic3/releases/

2.解凍後サーバーへアップロード

ダウンロードしたMagic3のフォルダをローカルPC上で解凍し、中身を丸ごとサーバーの表示させたいディレクトリにアップロードします。

3.ブラウザからディレクトリにアクセス

ブラウザから、Magic3を設置したフォルダにアクセスし、「次へ」をクリックします。

Magic3を設置したフォルダにアクセスし、「次へ」をクリック

4.パーミッションの変更

次へを押すと、パーミッションの変更の指示が出ますので、「resource」、「include」の両ディレクトリのパーミッションを「777」に変更します。
※「/tmp(一時ディレクトリ)」については無視します。

インストール環境チェック

パーミッションの変更を行ったら「戻る」ボタンを押します。ひとつ前の画面に戻ったら、再度「次へ」ボタンを押下します。

「書き込み不可」から「書き込み可能」に変わっているのを確認して、「次へ」ボタンを押す

「書き込み不可」から「書き込み可能」に変わっているのを確認して、「次へ」ボタンを押します。

5.DB情報入力

サーバーに設定したデータベースの情報を入力し、「接続テスト」を行います。

サイト情報入力画面

接続テストが完了し、「設定値を更新」ボタンを押すことで、グレーアウトされていた「次へ」ボタンが押せるようになります。

「設定値を更新」ボタンを押す

6.DB構築

DBを構築する画面に移りますので「実行」ボタンを押します。

DB構築画面

構築が完了したら完了画面に移りますので、「次へ」ボタンを押します。
※デモ用データのインストールは任意です。

DB構築完了画面

7.インストール完了

インストールが完了しますので、「インストーラを削除して終了」ボタンを押します。

インストール完了

8.ログイン

ログイン画面に移動しますので、ログイン情報を入力して進みます。

ログイン画面

※初期段階のログイン情報は必ず変更するようにしてください。

9.インストール完了

ログインすると設定画面に移ります。これでインストールは完了です。

インストール完了画面

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec