当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

Wordpressインストール手順

    *Wordpressのインストール作業を行う前に、MySQL上に新規データベースを作成してください。また、インストール中に下記の情報が必要となりますのでご確認ください。

    ・作成したデータベース名
    ・MySQLのユーザー名
    ・上記ユーザーのパスワード
    ・ご利用頂いているサーバーのホスト名

    データベースの作成方法につきましては、下記URLをご参照ください。
    https://www.gigaan.jp/support/database/setting.html

1.

Wordpress日本語版公式サイト(http://ja.wordpress.org/)へアクセスし、Wordpress日本語版の本体ファイルをダウンロードします。
※マニュアル掲載時点での最新バージョンは(2.5.1)となっております。



2.

ダウンロードしたWordpress本体ファイルはzip圧縮されておりますので、任意の場所に解凍してください。解凍後に作成されたフォルダ(wordpress-2.5.1-ja)の中にある「wordpress」フォルダ内のすべてのフォルダとファイルを、FTPソフトを利用してサーバー上にアップロードします。
※ここでは、「http://ドメイン名/wordpress/」でアクセスできるようにするため、予めサーバー側で作成しておいた「/httpdocs/wordpress/」フォルダにアップロードします。



3.

「wordpress」フォルダのパーミッションをインストール時のみ一時的に「777」に設定します。パーミッションを変更するには、パーミッションを変更したいフォルダを右クリックし、「属性変更」をクリックしてください。
※インストールが完了されましたら必ず元の「755」へ戻してください。



4.

Wordpressを設置したフォルダへブラウザからアクセスし、「wp-config.phpを作成する」をクリックします。
※ここでは、「/httpdocs/wordpress」に設置したので、「http://ドメイン名/wordpress/」にアクセスします。



5.

「次に進みましょう!」をクリックします。



6.

予めお客様で作成しておいたMySQLのデータベース情報を入力します。
※この画像に含まれる文字列は、マニュアル掲載用の例です。実際には、お客様が設定されたものを入力してください。



入力が終わりましたら、「作成する」をクリックします。

7.

手順6で入力した内容に誤りがなければ、「インストールを実行しましょう!」が表示されますので、クリックします。
※MySQLデータベース情報の入力に誤りがある場合は、戻って正しく入力してから再度実行して下さい。



8.

ブログの名称と、管理者のメールアドレスを入力し、希望に応じ検索エンジン設定のチェックボックスを入れ、最後に「WordPressをインストール」をクリックします。



9.

これでWordpressのインストール作業は完了です。
※ここで必ず手順3で変更した「wordpress」フォルダのパーミッションを元の「755」に戻してください。
画面に表示されているユーザー名とパスワードは、管理画面にログインする際に必要となりますので、忘れないようにして下さい。



「ログイン」をクリックすると、管理者ログイン画面が表示されますので、インストール完了画面に表示されたユーザー名とパスワードを入力しログインしてください。ログインに成功すると、管理画面が表示されます。




●Wordpressの管理画面トップページ



●Wordpressのトップページ





こちらの画面から操作して、記事の投稿などを行います。
インストール後のWordpreesの使い方については、http://wordpress.org/ へお問い合わせください。

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec