当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー

プリファレンス

SPAMとみなす基準値や、判定された後の挙動を設定する事が出来ます。

SPAMとみなす基準値や、判定された後の挙動を設定する事が出来ます

メッセージをSPAMとして判断するスコア値

このスコア値が判断をする「基準」となります。受信したメールには全て点数が付けられ、その点数がこの基準値となっているスコア値よりも大きいか、小さいかでSPAMかどうかを判断します。

スコア値よりも点数が大きい場合 SPAMであると認識
スコア値よりも点数が小さい場合 SPAMではないと認識

例えば、判定基準を厳しくしたければスコア値の数値を「小さく」すると、判定基準が厳しくなります。

【メールについた点数を確認する方法】
受信したメールのヘッダ情報に、受信したメールに付けられた点数が何点だったのかを確認する事が出来ます。
※ヘッダの確認方法は下記マニュアルをご参照ください。
■マニュアル:メールヘッダを取得する

メールヘッダの中に下記の様な一文があります。
例)X-Spam-Status: Yes, score=27.6 required=7.0
「required=7.0」は基準スコア値が「7」である事を示しています。「score=27.6」は受信したメールの点数を示しています。
このメールは「27.6」点であり、基準値の「7」よりも大きい点数なので「SPAM」と判断されています。
このように、メールについた点数が基準値を超えるかどうかでSPAM判定される仕組みになっています。

SPAMとして認識したメッセージの場合、件名にテキストを追加する。

SPAMと認識したメールにはそれを目視で確認出来るように、メールの件名にタグを付ける事が出来ます。
デフォルトは「*****SPAM*****」と指定されています。ご希望に合わせて変更可能ですので、ご自身で確認しやすい文言を入力してください。 尚、件名にスコア値を表示したい場合は「_SCORE_」と入力してください。

メールボックスに受信したSPAMを削除する。

サーバー側でSPAMであると判別された場合、お客様が受信する前にサーバ側で該当メールを削除する事が出来ます。
迷惑メールが多くて困る、SPAMメールはメールソフトで受信したくない、という場合はこの設定をご利用下さい。

  • 削除されたメールは復旧できません。
  • SPAM判定されたメールは無条件で削除対象となります。
  • 転送設定をしている場合でも、SPAM判定されたメールは転送されません。

※注意※
SPAMではないメールがSPAM判定されてしまう可能性もあります。
SPAMメールを削除する設定になっていると、SPAM判定された必要なメールが受信できなくなる危険性があるため、弊社では削除しない(受信する)ことをお勧めしています。

ユーザーマニュアル

新規お申し込み

まずは資料請求

よくある質問

突然送受信ができなくなった方へメール仕様変更のご案内

WEB製作会社様ですか?ビジネスパートナープログラム

Symantec